薪ストーブ設置編

今日は昼前から晴れ間が広がり、午後は宿根草の枯れ枝を払ったり草引きをしたりで久々の庭仕事日和でした。
家まわりや畑ガーデンでも水仙やチューリップなどの球根類が芽を伸ばし、いよいよ春の近付きを実感するこの頃です060.gif


昨日に引き続き、薪ストーブの記録を。本日は設置編です。


当初は設置場所を今とは違った場所に予定していました。2年半前にリフォームをした時、いつの日かは薪ストーブを置きたいと思い、設置すると決めていた場所の床を補強してもらい、壁はそこだけ漆喰を塗らないで下地モルタルのままにしておきました。
薪ストーブを置く場所は、炉台も壁も耐火レンガ施工をDIYする予定にしていたんです。。。

少し画像が暗いですが、リフォーム仕立てのまだ床を塗っていない頃。この画像の左角(コーナー)に当初は置く予定で、実際に設置したのは右側の漆喰を塗った壁の前あたりです。

d0167621_217495.jpg


リフォーム計画時に作った図面であらわすと下のような位置になります。

d0167621_20325881.jpg


当初の設置予定場所だと、16畳のリビングを主として暖めることになり、薪ストーブの両サイドは壁でさえぎられてせっかくの鋳物ストーブの輻射熱の効果を存分には発揮できないのでは?隣りに続くダイニングスペースの方まで暖まって欲しいなぁと欲張りなことを考えていました。

そこで、薪ストーブ屋さんに相談した結果、やはり壁際に設置するよりは、真ん中に置けば置くほどその輻射熱効果は大であると。そっか、、、やっぱり設置場所は変更やわっ!そうなると、そういうことには行動力の早い私、早々に下地のままだったコーナーを漆喰で塗って(冬なので塗りにくかったあ~)、現在の場所へ設置することに決めたのでした。

左角に漆喰を塗り、置き場所を変更した飾り棚をここへ配置。ちょっと暗いけど、ここしかなくて。。008.gif

d0167621_20523518.jpg


そうして、サイドボードを置いていた箇所は家具をどけて、いざ設置に向けてスタンバイ。
何もないと広くてすっきりだなぁ~

d0167621_20534191.jpg


当初は煙突工事とストーブ設置工事を同日の予定でしたが、2月初めの雪シーズン真っただ中だったので、天気予報をにらみつつ、先に煙突と屋根裏工事のみをすることになりました。
天井に穴を開けるのでまずは養生をしっかりと、壁面から床まで覆っていただきました。

d0167621_20574522.jpg


それから、脚立にのって天井板にギコギコ穴を開けて、、、この日工事の方は4人がかり。天井裏で補強などの大工工事や断熱工事などがあったようです(見てないけど図面で説明してもらいました)。
久々に見上げる屋根裏の光景。同居人?達はどこかへ避難したんだろうか。。。

d0167621_2132344.jpg



一方、外の方では梯子をつないだ屋根の上で職人さんたちが煙突工事の真っ最中。
私は知らなかったんですが、薪ストーブの煙突って上から取り付けて行くんですって!!
なので、薪ストーブ本体とつなぐ家の中の天井下の煙突は一番最後の設置になります。

d0167621_21245864.jpgd0167621_21385016.jpg


煙突掃除も、梯子をのぼって屋根まで上がるのではなくて、家の中の本体とつながっている煙突部分だけをはずして掃除するのだそうです。全ての薪ストーブがそうなのかは??ですが、このネスターマーティンS43はそれで良いのだそう。。 思ったより難しくなさそうでちょっと安堵042.gif

d0167621_21255645.jpg



こうして何とか無事に日が落ちる前に煙突の取り付けが終了しました。

d0167621_2143298.jpgd0167621_21431548.jpg



煙突取り付けから1週間後に本体設置となったのですが、その前日は雪が降りました。
煙突に積もった雪を見て、先に取り付けといて良かったねぇ~とオットとひと安心でした。

d0167621_21462795.jpg



煙突設置から1週間後には本体を運び入れてもらい、炉台は耐火レンガをやめてスチール炉台を設置しました。床の上に置くだけで簡単にストーブが設置でき、灰や木くずも箒でササッと掃けるのでメンテはらくちんなのですが、レンガにくらべるとインテリア性には少々欠けるし、こまめに掃除しないと色が黒なので灰の汚れが目立ちますけど。。。ね042.gif

画像は火入れを薪ストーブ屋さんと一緒にやったところ、初点火の様子。火がついた時はちょっと感激でした038.gif

d0167621_21581725.jpg


薪ストーブの背面はスチール製の遮熱板を取り付けていて、このおかげで背後の漆喰の壁や柱は高温になることなく保護されています。煙突も2重煙突なのですが、このコーナーの上は洗濯ものがとても早く乾いて助かりマス。。

d0167621_2243331.jpgd0167621_2244848.jpg



薪の確保や本格的な薪棚作りはこれからなので、我が家は順番が全く逆なのですが、それでも鋳物ストーブの暖かさや心地よさは体感してみて納得です。じんわりと身体が芯から暖まるって感じでしょうか。。。
コタツを置いていた時はコタツから離れられないワタシでしたが、薪ストーブを置いたらやっぱりそこから離れられないワタシです。。。

d0167621_2159974.jpg



また、薪ストーブ料理などもトライしつつアップしていけたらと。。。
なにしろ新米薪ストーブユーザーですので、ピザは焦がすし、パイは黒こげになるしで、、、修行の日々なのデス042.gif






当ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 28ziu1161 at 2015-03-01 14:11
わぁー、ステキ♡
まきストーブ、憧れです。やっぱりあったかいでしょうね。
ワタシもいつか!!と思っていますが、どうなるやら~(笑)
pastelさんのまきストーブで温めてもらおう。

まだ、寒くなったり、あたたかくなったりを繰り返す毎日でしょうね。ご自愛くださいね♡
Commented by pasteldenata at 2015-03-01 21:47
ziu様
私も薪ストーブは憧れでしたよ~
特に古民家に住み始めてからは、必需品だとも思えるほどに恋焦がれていました(笑)
火の燃える様を見ているだけで心も身体も暖まる気がします。。
いつでも温まりにおいで下さい~
Commented by こみん at 2015-03-04 00:15 x
我が家と同じ薪ストーブだったので、思わずコメントしてしまいました。
素敵な古民家ですね!
私も古民家+薪ストーブに憧れていました。
ネスターマーティン、ガラス面が広くて炎が美しく見ることができ満足感高いですよね。私もとっても気に入ってます。
Commented by pasteldenata at 2015-03-04 21:01
こみん様

はじめまして ようこそ当ブログへ♪コメントありがとうございます。
こみん様のところもネスターマーティンなんですか!何だかうれしいなぁ~
いいですよネ!シンプルなフォルムだけど、ガラス面が大きくて本当に炎がゆらゆら美しく燃える様が気に入っています。
それと、操作とかメンテもやっぱりシンプルで、この私でも簡単に使えるのがなお良しなんですよ^^;
また、ブログゆっくりと拝見させていただきますネ
by pasteldenata | 2015-02-28 22:19 | 薪ストーブ | Comments(4)