先週の土曜に引き続き、昨日ようやく完成したキッチンのブリックタイルの目地入れ。

目地が白っぽくなっている部分は土曜日の施工、濃い部分は月曜に塗り終えたすぐの写真です。
d0167621_218434.jpg

正直言って、やり始めて数分で投げだしそうなほど私にとってはハードルの高い作業でした。
目地セメントの固さの塩梅がなかなか難しく、もちろん袋には使用量の説明書きがありましたが、
絞り出し袋(生クリーム用を使用)での施工は若干柔らか目でないと上手く絞り出せないのです。
お菓子の生クリームとは勝手が違って、相手はセメントなので固いと先をカットした小さい口から思うように出てくれないし、
柔らかすぎると壁面に絞り出した途端にボテッと落ちます。
終いには、指で詰め込んだり、目地ゴテで押し込んだり、何だかボトボトと下へ落ちる量の方が多かったような。。。
はみ出した部分はすぐにブラシで水洗いしたり、濡れ布巾で拭いたりしましたが、最後の方はそれも雑になりゴム手袋のまま
ペペッと拭き取るいい加減さとなり。。。042.gif

使用したのは粗面状の目地材でINAXの「イナメジアルファシリーズ(一本目地用)」です。
カラーはライトブラウンで2,300円/袋(20kg)にてこちらのお店で購入しました。
他に使用した道具は細めのブラシと布巾と目地ゴテ(7mm)、セメントを混ぜるその辺にあった空き缶と使いふるした園芸用のシャベルのみ。あと、マスキングテープで養生だけは手を抜かずに。
毎度のことながら施工中は一心不乱にて、途中経過の写真を撮る余裕もなく記録用としては残念な結果ですが008.gif

左が目地入れ後    右が目地入れ前
d0167621_21131750.jpg


こちらは左が目地入れ前   右が目地入れ後
目地が乾いてくると色が薄くなります。二日目は少し慣れて絞り出し袋でほぼ施工。
d0167621_21143364.jpg


終わってみると達成感&満足感で嬉しいのですが、セメントがボロボロ落ちた床は毎度悲惨なことに。。
今後も古い家を補修しながら住んでいくのですから、初めてのDIYですが少しずつ覚えて行かなくてはと決意新たに。
d0167621_21254140.jpg

キッチン上の差鴨居は古色に塗装してもらいましたが、他の鴨居や梁や柱はもとのままの色。
天井梁は長年天井壁に隠れていたので汚れも埃もハンパではなく、何度も何度も水拭きしました。
d0167621_212667.jpg


そもそもブリックタイルとは、セメント・モルタル等と石材を砕いたものを混ぜ、薄くスライスしてタイル状にした
レンガ風のセメント2次製品といでもいいましょうか。
まがいもののレンガですが、レンガと違い軽量であるので壁面への施工が比較的簡単です。
まだ、結果は??ですが、油汚れ等が目立ちにくい気がして、掃除の手抜きをしたい私は土の素材感にも惹かれて
キッチンバックへの施工を考えていました。

まったくもって好みの問題なので使用感は如何に?ですが。
また、キッチンセット設置後に日々の生活の中でそのへんも書いて行く予定です。


いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-18 21:56 | DIY | Comments(2)

洗面脱衣所のタイル貼り

台風の影響かなのか、今日は1日中風が吹き荒れ、より一層埃が舞い上がる古民家でした。
雨は夕方にパラリ程度だったのですが、フェーン現象なのか蒸し暑さで不快感99%021.gif

そんな中、朝から目地用セメントを捏ね、頑張りました。先日貼ったキッチンのブリックレンガの目地入れを。
土曜に半分、本日残り半分をようやく仕上げて完了しました。(次回アップ予定です)
ここのところ休日はDIYに明け暮れて、畑が全く放置状態で秋・冬野菜はどうすんの??007.gif

キッチンのブリックレンガの目地入れの前に、先週半ばに洗面脱衣所の床タイルを貼りました。
実は当初テラコッタ風の磁器タイルを発注したんですが、サンプルより少し薄めの色をと注文し、
結果、異なるテクスチャー(表面ザラザラやった)のものをミス発注してしまい大ショック007.gif
しょうがないので、テラコッタ風タイルは北側の勝手口の1間ほどの土間に貼ることに。
改めて洗面脱衣所の磁器タイルを発注しました。(激安アウトレット品専門のワタクシです)

広さ約4㎡ほどの狭いスペースにトイレと洗面と脱衣と洗濯スペースを押し込んでます042.gif
壁と天井はクロス仕上げなのですが、明日からクロス屋さん再登場です。
左:トイレの配管の穴       真ん中:洗面所の配管の穴      右:お風呂への入口
d0167621_22293550.jpg


30cm角、厚さ8.5mmの施釉磁器タイルを貼りました。貼る前の割り付けやカット作業が大変です。
並べてみたり、線を引いてみたり、裏返してみたり、パズルのように仮置きしてみました。
d0167621_22374726.jpg

計測は妻担当、カットは夫担当、貼るのも妻担当。。。 接着剤に使用したのは今回もネオピタ99です。
この商品とっても使いでが良かったです。お値段が結構するんで、ケチって使ったけどバツグンの接着力です。ちなみに私は1,800円/本(2kg)で購入しました。施工結果はよく見れば多少歪みはあるけど、結構満足の出来001.gif
 ガンバッタガンバッタ038.gif
d0167621_2236058.jpg


左官屋さんが勝手口のタイル貼りで余った目地があるのでやっとくよ~と、素敵な申し出060.gif
プロの目地入れは美しい~  私の貼った目地幅のバラツキがより鮮明に~
d0167621_22504481.jpg



記事のアップが追いついていませんが、古民家リフォームも大詰めです。
木工事はほぼ終わり、塗装屋さんも左官屋さんも終わり、今週からクロス屋さんと設備屋さんと電気屋さんの再登場です。

そして、、、あの彼が再び、、、助っ人としてやって来る~070.gif070.gif



いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-17 23:11 | DIY | Comments(2)

スズメバチVS宇宙服?

先週末のキッチンタイル貼りを終えて目地埋めの前に、どうして片付けておかなくてはならない事がありました。

それに気づいたのはいつ頃だったのか。。。

おそらく梅雨明け前後?リフォームに取り掛かってすぐくらいにまだ小さい巣を発見しました。
場所は母屋から寝室のある離れへといつも通っている渡り廊下の天井付近。
ちょうど写真の灰色部分の雨樋裏側上部あたりです。
d0167621_22522562.jpg
この家には中も外もハチは無数に飛び交っていて、特に気にもせず(いやいや気にはしてましたが。。)、
当初放置状態でした。ハチの種類も不明で取りあえずそのままにしておいたんですが、、、

ハチを甘く見ていました。

日々の生活に追われて気になりつつもやり過ごしていて、ハタと気づいた時には働きバチ達の職人芸ともいえる速さで、その巣は直径25cm程に迫る大きさに。
そろそろ身の危険を感じて来た8月末頃にその巣の形態をまわりの人に説明すると、
ナントそれはスズメバチの巣らしいことが判明005.gif

俄然、一気に、あっという間に、そこは恐怖の渡り廊下と化したのです。
種類が判明するとやたらとハチの動きも気になりだし、気を引かないようにそーっと、そーっと恐る恐るの日々。

その巣はズンズン大きくなり例のスズメバチの特徴的な巣へと変貌をとげ、出入り口の穴からは偵察隊の3匹がいつも見張っていて、たまに夜中に起きて電気を点けようものなら、寝込みを起こされ怒ったハチがブンブンといきなり飛び交ってコワイコワイ。

で、ついに役所に相談しました。
返答は防護服を貸し出していますので、自分でどうぞ。。。チーン007.gif

ソッコー借りに行き決行の夜、一瞬ですが死を覚悟した感のある夫は、妻の目力で後には引けず、
モソモソと宇宙服のような防護服と手袋と長靴をセットで装着したのでした。
d0167621_23161159.jpg


スーパースズメバチジェットなる武器を片手に一人暗闇の中、(夜暗い方がハチは就寝中なのでいいらしく)
夫の闘う様子がドア越しに。。。シューッ!ウワッ!シューシューッ!オーッ!その後妙な静寂が訪れ。。。

ナントカ、オットハブジデシタ。。
死んだスズメバチをこれでもかと座り込んで確認する夫。取り去った巣を箱に入れ安堵の笑みが。。。
d0167621_23223944.jpg


この独特の模様。。。なんともシュールな。。。苦手な人、すみませ~ん
d0167621_23294081.jpg

翌朝、廊下の上から見てみると痕跡がくっきりと。
d0167621_23381284.jpg


取りあえず、我が家に平穏な日々が訪れました。

このハチ退治の翌日仕事で大阪へ行き、久々に梅田の地下街を歩いたら、
人々の歩くスピードに遅れをとりつつ必死で歩く私がいました。

田舎にいると車生活になり歩くことがホントに少なくなります。
日々の生活では自然相手にいろんな事を経験して面白いのですが、
何となく足の筋肉が格段に衰えているような気がしたのは気のせい??? 008.gif


いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-14 23:58 | 日々の暮らし | Comments(4)

先日の壁塗り でかなりへこんでしまった私ですが、へこんでしまっていてもリフォームは完成しないので、
気持ちを切り替え、ついでにカテゴリに「DIY」なんてのを大胆不敵にも追加してしまった、
もう後には引けない古民家リフォームです。

とりあえず、壁はしばらく放置で。。。
大工さん達は着々と仕上げにかかり、もうキッチンの設置が迫って来た様子。

でも、その前にまたまたDIYでの大仕事(かなりオーバーですが)であるブリックタイル貼りが待ち構えています。
不器用な私に少しでもやり易いようにと大工さんは貼る位置に鉛筆で目印を書きいれてくれたり、
後で取り外せる桟を軽く釘打ちして、少しタイルを並べてくれたりと親切この上ない。感謝!感謝!
d0167621_916384.jpg

このキッチンスペースの石膏ボード以外の合板の部分にブリックタイルを張ります。
d0167621_9151641.jpg


購入したブリックタイルは22cm×7cm 厚さ9mmのものを240枚(モチロン予備を多めに)
 ↓ こんなサンプルイメージだったのですが、実物は少し色合いが。。。グレー色の粒々が結構目立ちます。
d0167621_921158.jpg

最初に床にベニア板を敷き、仮置きをしてみます。購入SHOPによると目地は10mm前後とあるので、
目標は8mm前後で。(写真はどうみても5mmやし。。 夜に撮影したので少し色合いが??)
d0167621_9234059.jpg

それから、割り付けというのでしょうか縦横をざっと計算し、なるべく失敗を最小限にとどめるべく、
貼る横の列に目地間隔を開けてメジャーで線を引いて行きました。壁の上から下まで。。042.gif
後はひたすらブリックタイルを手に取り、接着剤(ネオピタ99を使用)を1個1個に塗って貼っていく
地味~な作業の繰り返しです。(週末土曜の妻一人の孤独な作業。。)
取りあえずはこんな感じで。。。 今回は何とかはがれなかった!それだけでもスゴイ達成感やし024.gif
d0167621_9292582.jpg

夫にカットしてもらった一番上の三角形なんてのは。。。苦心の作でございます。
d0167621_932468.jpg


取りあえずはキッチンで隠れるところ以外は全て貼り終えましたが、このタイル貼りの最大の難関は目地入れ。
表面がゴツゴツと凹凸があるブリックタイルなので塗り目地はできません。一本目地という施工方法で地道に仕上げていかなくては。。。007.gif  ちなみに生クリームのホイップ袋を利用予定ですが。。。果たして??
またまた、私にとっては非常にハードルの高いDIYですが、目地を入れないとやはり引きしまらないし、接着力も強化しないし。何よりも完成しないし。

予定では水曜に目地仕上げですが、翌日大阪まで出張予定ゆえ水曜夕方から家を留守にすることに。
ちょっと1日では無理かも~ まだまだ先は長いのでした。。。。


いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方、激励のクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-10 09:55 | DIY | Comments(6)

大失敗の壁塗りDIY

昨日は夫と二人、週一度の唯一の共通の休日。
こちらに越して来て以降、何だか休日は休日ではなくなり、平日よりハードな気がしますが。。。

夫は畑や家周辺の草刈りに頑張ってくれていたので、無謀にも私一人で寝室予定の奥の6畳間の壁塗りを決行。
人生初の壁塗りですが、ネットでぐぐると結構DIYで皆さん上手にやっていたり。
ついつい自分の不器用さを忘れ、注文しておいた壁材が届いたので前日養生のみすましていざ。。。

塗る予定はまず失敗が目立たない奥の寝室予定の6畳間
d0167621_9243265.jpg

この写真では床は出来あがっておりすべて養生されたまま、天井はこの後クロスが貼られました。
奥に見えるボロボロの土壁スペースは押入れだったところ。縁側の分と合わせて2間分ありますが、
ここもDIY予定でいまだ手つかずのエリアです042.gif

マスキングテープやコテは用意したのですが、コテ板がないっ!大工さんに頼んだら廃材でこんなに素敵なコテ板をちゃちゃっと作っていただきました038.gif
d0167621_9283615.jpg


マスキングテープをはりめぐらし、床にも2重3重にシートやあまったプチプチを敷き、
d0167621_9305294.jpg



塗壁材はこの一番湿気の多い&カビ臭い北側の6畳間に何がいいのか色々悩み、
現状の壁は土壁の上にボロボロ落ちる砂壁の施工状態でしたので、かなりハードルが高そうやし。。。
調湿効果・消臭効果の高いと謳ってある沸石の粉末で出来た塗壁材を使用しました。
内容的に硬化剤として石灰、増粘材として海草糊、保水材として麻すさなどの自然原材料が配合してあるようです。
一番気にいったのが下地用のシーラーを塗らないで施工できるという点。
ひたすら水を含ませてその上から塗ればいいと書いてあったのです。。。

で、結果がこれ ↓ 強烈なひび割れが入りました。私の塗り方も問題があると思いますが。。
d0167621_9452466.jpg



左官屋さんに見てもらったら、やはり絶対に下地材を塗って砂壁を固めてからでないと必ずひび割れになると。。。

剥がして再度挑戦といかなきゃいけないんだけど、はぁ~007.gif しばらく放置か。。
週末はキッチンのタイル貼りが待ってるしなぁ。。。

悲惨な現場です。。。
d0167621_9511891.jpg




いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方、激励のクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-06 09:54 | DIY | Comments(8)

昨日は夕方からいきなりの雷鳴&ゲリラ豪雨でまたもや帰宅後に洗濯物を取り込み、
ため息をついた私です。

お天気が良かった今日も先ほどから空の様子がちょっと怪しくなって来ました008.gif

古民家リフォームの方も順調に進んでいて、大工さん達には残暑厳しい中、頑張っていただいてます。
そろそろダイニングキッチンの壁も出来あがりつつ、時折りコンセントの位置などの確認をされ、
はたと考えてしまったり。。。
自分の使い勝手の良い位置でとは思うんですが、これがなかなか決められない008.gif
もう10cm上かなぁ。。。とか、やっぱりもう少し下の方でとか。。。優柔不断さ全開で、
最後には「あっ、もう、そこでいいですぅ~」となってしまうことも多々ありです。

左から四畳半の天井   北側勝手口付近の天井   台所流し台上の天井
d0167621_17261164.jpg


ユニットバス(詳細はまた別の時に)も設置され、洗面所の壁も出来あがりつつ、
d0167621_1729698.jpg

台所の窓も前よりかなり縮小サイズとなりましたが、ちゃんと畑が見える位置に(仮設お風呂が042.gif
d0167621_17311040.jpg

下の写真は手前が台所付近になりますが、南北に通っている大きな梁の下3分の2を残して、天井とします。丁度、梁の小さい穴ぼこが隠れるあたり。上には屋根裏も見えていますが、ひと冬過ごして見て、屋根裏までの梁あらわしはとてもじゃなけど却下。寒いのですよ。。。天井が高いと。見た目には古民家の梁組の豪快さが楽しめて意匠的にも素敵なのでしょうが、寒さを我慢してまでは私には無理と判断しました。
d0167621_183235.jpg

そういえば古民家に住む地元の職場の人がこんなことを言ってました。。。
「都会から来る人は天井を上に上にあげて梁を見せて改修するけど、俺らは冬寒いから天井は下へ下へ下げるけどなぁ。。」地元の人ならではの説得力ある発言045.gif
例えば、床暖房+大型の薪ストーブ+分厚い無垢の床板なんて贅沢が許されるのならまた違うのですがねぇ。。。

一方、北側&西側の外はこんな感じに仕上がりつつあります。
左から台所の外から   西側のお風呂付近を外から  北側勝手口を外から
d0167621_18111852.jpg


上の写真から数日後に外壁の下地モルタルが塗られました。
d0167621_18134883.jpg



ところで、今悩んでいるのがこの写真の壁をぶち抜いた箇所をどうするか?です。
北側から玄関方向を撮ったものですが、当初建具の上には壁があり土間の梁は見えませんでした。
d0167621_18164697.jpg


反対に玄関側から北側の勝手口方向を見るとこんな感じです。宙に浮いている枠のみ残して、その下は床から1m程の高さで腰壁を設け、その上には枠の下の位置まで建具が入ります。
その上がぶち抜いた壁の空間ですが、南側からの明かるさを確保したいと思い思案中。。。。
d0167621_1836330.jpg


とにかく、日々思案しては悩んだ挙句の決断の連続です。限られた予算がそうさせるのですが、それはきっと家をリフォームする人は誰も同じだと思いたい~


いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方、おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-04 18:36 | 古民家 | Comments(2)

今日はお昼前から雨が降ったり止んだりで気温もそう高くはならず、比較的過ごしやすい一日でした。

ここのところ、ネットで施主支給予定のものをあれこれ吟味する毎日ですが、
これがヒジョーニ悩み、迷い、なかなか決断できなくて、、、ふぅ~とため息なんかが出たり。。。

ざっと、DIY予定の洗面所の床タイル&キッチンの壁ブリック及びその関連副資材。
すでに出来上がっている座敷や寝室の塗壁材やその関連副資材。
先に選んだ洗面台に付ける蛇口や鏡、台所の換気扇、各種の照明器具etc

結構、いやかなり、ものすごく、お金がかかります。。。。。。。。。。007.gif 多分もっと出てくるだろうし。

で、本日悩みまくったのは洗面所の床タイルとキッチンの壁に貼るブリックレンガ。
探せば多種類あるので、もうこれは本当に自分の好みなわけですが、サンプルを取り寄せていないと
PCの画像と実物とではやはりイメージが違ったりして後悔しきり、、、となります。

では、自分の好みは?というと、これが理想と現実では大きく開きがあったりするわけで、
なるべくならこの古民家にあまり違和感のない仕様にしたいとは思うのですが。。。 つい、

こんなブリックレンガとかd0167621_2356253.jpg

あんなブリックレンガとかd0167621_23571390.jpg

はたまたこんなブリックレンガとかd0167621_00194.jpg

まるで違う世界のこんなブリックレンガとかd0167621_011442.jpg


んんん。。。。 ブリックレンガというより、キッチン自体がまるで別世界なのでございましたわ042.gif

でも、よそんちのキッチンは見ているだけでも楽しい~060.gif

結果、私が選んだのは地味目の小汚い系のブリックレンガ。
貼る場所とその回りを考えると、とても上記の写真とはかけ離れたキッチン風景が想像できます042.gif
d0167621_0122389.jpg


また施工時にはアップ予定です~(大工さん曰く、先に貼らないとキッチンが置けないそう。。)



いつも訪問ありがとうございます♪ 最後まで読んでいただいた方、おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2012-09-02 00:21 | 古民家 | Comments(4)