カテゴリ:古民家( 41 )

梅雨の真っただ中、雨降りが続いていますが、雨のおかげで気温も低め過ごしやすかった一日でした。
今日はメイをお供に連れて、恒例の梅のもぎとりに行って来ました。気がつけば4kgも収穫042.gif

帰宅後に今年も梅のラム酒漬けを仕込み、梅シロップを仕込み、1kgは後日のために冷凍庫へ。
普通の梅酒よりもラム酒漬けの方が好評だったりで、今年はバカルディとロンリコのホワイトラムで漬けました。

サトウキビから作られたラム酒の風味と梅の風味が合わさって一味違った梅酒に。氷砂糖は控え目がオススメ。
d0167621_21441869.jpg




先日から取り掛かっていた蔵周りの整地作業。コンクリートと砂利敷きが終了し、少し前に完成となりました。
アッチャン(このプロジェクトを依頼したオットの知り合いの業者)が丁寧に丁寧に仕上げてくれたおかげで、
見ようによっては霊園の雰囲気を醸し出しております。。。

d0167621_21585733.jpg



母屋側から見たところ。コンクリート敷きの右側は、土を掘って暗渠パイプを通しその上に余った砂利を敷く予定。
d0167621_21555730.jpg

d0167621_21573614.jpg




この飛び石はいただきもので、石の置き幅は着物を着た人が歩ける幅らしい。。。まず、着て歩くことはないけど042.gif
d0167621_21592940.jpgd0167621_21594083.jpg



上の果樹ガーデン先端から見たところ。蔵の北側と東側に薪棚を設置し、1.5m角の正方形の上にはパン窯をいずれ作る予定にしています。この砂利の下には暗渠パイプが小川の方に渡してあります。
d0167621_2215478.jpg




芝生側の正面から見ると。。。両脇に花台でもあると思わず手を合わせたくなる荘厳な雰囲気が、、、ないか。。
d0167621_2244213.jpg


横に流れる小川の縁取りに石を並べていますが、メイが土手を上がったり下りたりするのでしょっちゅう石がズレたり落ちたりでした。この石積みをアッチャンがコンクリートで補強してくれたので、その先も同様にしようかと。
d0167621_228543.jpg



なんだかちょっぴり和の風情になりましたが、以前のジメジメの汚さが一掃され、薪棚を設置したら蔵の壁のはがれもそんなに目立たなくなるのでは?と。まだまだ今後もこのエリアの作業は続くのですが、冬までには完成させたいなぁ。。。

d0167621_22162430.jpg





ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちでスミマセン~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-06-27 22:22 | 古民家 | Comments(2)

畑や庭仕事が本格化した5月以降、外仕事をした翌日は身体中が凝っていたり、ダルくて重くてしょうがない007.gif
年々体力が落ちているのは否めないし、年齢的にも疲れがたまり易くなっているのはわかるんだけど。。。
昨年よりも疲労が格段にたまっているようで、特に太もも・ふくらはぎの足にきてるんです。。。

思い当たるのは、毎日傾斜のキツイ果樹ガーデンへ通っているからか。。。?
開墾・植え付け・水やりなどで何往復もしてるし、ここんところの休みはひたすらしゃがんで草引きの日々だし042.gif
でも、完璧イタチごっこ。引いても引いてもひと雨ふればすぐにボーボー021.gif


その、果樹ガーデンではラベンダーが咲いていて、そこだけは草引きが苦にならない良い香りにつつまれます。

d0167621_2194423.jpg


早咲きで濃い色のラベンダーはすでに摘んでは干して、摘んでは干してに励んでます。今咲いているのは種蒔きして3年目のラベンダー。昨年は種蒔き全滅でしたが、今年の4月に蒔いたものは順調に下の畑の隅で育っています。

d0167621_21113052.jpg


雑草防止にと黒マルチをかけたけれど、あまりに畑感が強すぎるので何だか素敵じゃないわと、秋にグリーンの防草シートでやり直し予定、しんどいけどなぁ。。。

d0167621_21132696.jpg


果樹ガーデンの栗の古木の下に植えたモナルダが咲き始めました。春に植えた株分け苗なので今年はまだ花は少なめ。来年は遠くから見ても目立つくらいには増えてほしいけどなぁ。。。雑草にまけなければねぇ。。。042.gif

d0167621_2117542.jpg


その栗の古木の横エリアではヘレニウムのオレンジ色が鮮やかですが、先日から果樹ガーデンの後方あたりで、イノシシの被害続出021.gifミミズをあさっているのか、思いっきりボコボコに掘リ上げて、耕運機よりもパワー凄いんじゃないかと思うほど。。。 
対策は、、、今のところなしっ!

d0167621_21515182.jpg



前回の記事で、蔵の横の味噌小屋を解体し、薪棚とパン窯を作るべく蔵周りを整地する我が家的プロジェクトが始まりました。(ちょっとばかしキツイ肉体労働が加わるものはプロジェクトと名付けたいっ!)

解体後土をならし、砂利を敷きつめ、転圧して行きます。

d0167621_2124548.jpg

d0167621_2122620.jpg




それから、コンクリートを流し込む準備。枠を作り鉄筋をはめ込み。。。


d0167621_21374933.jpg

d0167621_21272451.jpgd0167621_2127358.jpg



おぉ~!すっごく汚かった蔵周りがちょっとスッキリ小ぎれいに060.gif

d0167621_21291323.jpg



そして、出勤しようと外に出ると、家の下に生コン車が待っていたのでした~

d0167621_21301090.jpg


ここから先は一輪車で蔵までエッサカ、ホッサカ運びます。職人さん、暑くて大変だけど頑張ってくれました。
帰宅してみると綺麗にコンクリートが流し込まれ、養生シートがかけてありました。


その翌日、乾いたコンクリートの養生をはずし、型枠も取りはずしていきます。

d0167621_2141159.jpg



土手上の畑ガーデンではアリウム丹頂が咲いてきました。ネギ坊主みたいな面白いフォルム。挿し色にいい感じ060.gif

d0167621_21522859.jpg



蔵周りのコンクリートもようやく固まり、その周辺の地面だったところも砂利敷きとなり、今まで我が家で一、二を争う荒れようだった場所が綺麗になりました。田舎で古い家を購入すると、内も外も修繕にキリがありません。住むところは最低限のリフォームで、家の外は自分達のやりたい事を優先に少しずつ手をかけて。。。やっぱりキリがないわっ!!

完成写真は次回にアップします~




ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちでスミマセン~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-06-24 22:06 | 古民家 | Comments(2)

バラや春の花がひと段落して、6月に入るといよいよハーブの季節060.gif
庭でもハーブや初夏の宿根草がモリモリ大きく育ち、開花を始めました。


左から、赤のモナルダ・白のエキナセア・オレガノヘレンハウゼン
d0167621_21312052.jpg


左から、ベロニカロンギフォリア・コモンマロウ・シャスターデージー
d0167621_21321861.jpg


3年目のカラミンサは大株になって、葉をつまむと良い香りがします。
d0167621_21343812.jpg


レンガの小道沿い、ボーダー花壇ではオルレヤや千鳥草を引っこ抜いたらかなりスッキリ。列植したキャットミントも少し切り戻しをしました。これから咲くセージ類が随分と背を伸ばしてきました。
d0167621_2137969.jpg


濃いピンクのエキナセアが満開で、藤棚では疲れたオットがひと休み~
d0167621_21381984.jpg


藤棚横の沼地周辺では、ふらんす菊やアグロステンマを抜いたら緑一色になってしまった。。。
d0167621_21402287.jpg


これからは。。。って、今もだけれど、雑草との果てしない闘いが続く畑ガーデン。伸びるのがホントに早いデス042.gif
d0167621_21421760.jpg




季節はいきなり雪が残る2月に戻りまして。。。
母屋の北側に蔵が建っているのですが、その蔵の東側に味噌小屋(我が家ではそう呼んでいる)がもたれかかるように建っていて、今にもくずれそうな状態でした。

d0167621_2151119.jpg


というか、、、すでに崩壊しかけていて危ない状況042.gif(上の果樹ガーデンから撮影)
d0167621_21531266.jpg


オットが柱を1本抜いたら、もうドミノ倒しのゴトク待ったなし~
d0167621_21541712.jpg


この味噌小屋を解体し、通風を良くすると共に、蔵周りに薪小屋を作ろうと。。。
d0167621_21565239.jpgd0167621_21572582.jpg


ガンバリマシタ、オットが。妻もちょこっとだけ手伝って。。。 とうとう崩れ落ちました~
d0167621_21594429.jpg


バンザ~イ!!!
d0167621_220517.jpg



季節は6月の現在に戻り、それまでに少しずつ廃材を燃やしたり片付けたり、ようやく整地にこぎつけました。
d0167621_2234681.jpgd0167621_2235777.jpg



雨上がりのぬかるんだ中、廃材を燃やしガラを撤去し、重い土をならすのはかなりの重労働だったかと。。
d0167621_2243873.jpgd0167621_2244821.jpg


この後、1.2m幅で砂利を敷き詰め、転圧し、コンクリートを一輪車で運んで流し込む、、そうです。そこんところは、知り合いの業者との共同作業になります。
この場所には薪棚とパン窯を作る予定で、外仕事が出来ない冬の間オットは関連本を読んでは研究を重ねる日々。。。が、しかし未だにパン窯の形は未定となっていますが。。。042.gif

d0167621_22103433.jpg


蔵の前や納屋の中や玄関脇など、あらゆる場所に集めた薪が置いてあるのですが、一か所にまとめ積みできるのは大変有難い。誰よりも完成を待ち望む、遠くから見守るだけのツマであります。。。

d0167621_2214982.jpg





ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちでスミマセン~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-06-21 22:21 | 古民家 | Comments(2)

昨日の朝、初霜がおりました。

切り戻したハーブの腐葉土マルチの上におりた霜。
d0167621_20275518.jpg


ヒメイワダレソウも霜でお化粧、そろそろ茶色く枯れる頃。
d0167621_2031730.jpg



土手上のラベンダーは土流れで根っこが露出した付近に土を足し、腐葉土でマルチング完了。
d0167621_2037699.jpg


畑ガーデンの植え付けたばかりの幼苗にも同じく腐葉土でマルチング。雪が少ないといいけど。。これで大丈夫か不安。。
d0167621_20375832.jpgd0167621_2038111.jpg

すでに、暖房(石油ストーブ&コタツ)はフル稼働で、これから半年近く寒さが続くと思うと。。うぅぅぅ007.gif


年は主に古民家の内部、水回り部分を中心にリフォームをしましたが、まだまだ修繕が必要な箇所は多々ありで。。
でも、資金の都合で今年は緊急箇所のみ=ここを直さないとヤバイかも?の箇所だけ近くの大工さんに依頼しました。

その一つが蔵の屋根。蔵は一見すると傷みはさほどないように見えるんですが、内部は床が抜けていたり、
外側の漆喰もはがれ落ちていたりと、まぁまぁ傷んでいるわけです。でも、それくらいはどーってことなくて平気。
d0167621_2054065.jpg


問題は屋根の一番端っこの瓦部分とその下を支えている漆喰部分。(画像の赤丸印)
d0167621_20593013.jpg


ぐわ~んと下に曲がり、今にも落ちてきそうな危険個所008.gif 真下あたりで見上げるとヒヤヒヤなのデス。
d0167621_2101138.jpg


蔵の全面的修理なんてのはトーゼン無理なので、このずり落ち寸前部分だけを今回応急処置してもらいます。

登場したのは5m長さのヒノキ丸太が2本。皮つきなので夫が再び丸太の皮むきに挑みます。
d0167621_21535719.jpgd0167621_2154717.jpg

畑ガーデンの丸太の土留めを作った時以来の丸太の皮むき。手慣れた様子で、、今回は時期的に少し剥きにくかったようですが。。
d0167621_2204233.jpgd0167621_2205684.jpg


で、この5mの丸太、、、どうやって持ち上げ、どうやって支えるんでしょうか。。 そこから先は大工さんの仕事となります。

その前に、4月の突風で板が吹き飛んだ母屋と離れをつなぐ渡り廊下の屋根の修理。
こちらが最優先での修繕依頼事項となってます。大雨のたびにタライとバケツとタオルを敷いて半年余り。。042.gif
あんまり役に立たないブルーシートとおさらばする日もそう遠くはないぞ。。
d0167621_2212390.jpg




古民家暮らしも、時々思わぬ事態に遭遇したりしマス。。。





いつも訪問ありがとうございます056.gif  
庭を作っていく過程で色々と参考になるブログが沢山ありますので、カテゴリを追加しました。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-11-21 22:20 | 古民家 | Comments(2)

久々に晴れ間の広がった今日、絶好の庭&畑仕事日和だったのに、残念なことに仕事やし042.gif 
このお天気、数日続いてくれるといいけどなぁ。。


昨年の秋に古民家の主に水回りと床をリフォームしましたが、キッチン部分の壁はDIYでブリックタイルを貼りました。
その時の様子は過去記事のコチラアチラに奮闘記録が。
リフォームして1年が経過したので、その後の変化や使用感を少し記録しておこうと思います。

d0167621_22381358.jpg


d0167621_22482225.jpg


そもそも、なんでブリックタイルを選んだのか? 手入れがラクそうだから。。。につきます。
この場合の手入れは掃除だったりメンテナンスだったりを意味しますが、塵や埃ひとつない手入れではありません。
まぁ、パッと見てそんなにヨゴレも目立たないし、汚くはないよなぁ、程度のひたすら自己満足限定の手入れを指します042.gif

古民家自体が埃の舞う古い建物で、夫と二人で住むには広いゆえ、掃除も結構大変だったりします。
おまけに天気の良い日は畑や庭仕事が優先なので、なるべく家のメンテナンスは簡単に、と行きたいところ。

DIY後、1年経過したキッチンのブリックタイルですが、なんとブリックタイル部分は一度も掃除していませ~ん。
ガス台回りや換気扇には油やホコリで汚れがつきますので、こちらは掃除をしています。
でも、ブリックタイル部分は手のひらで触っても全くベタつきがなく、濡らしたティッシュをあてるとブリックの粉がつくだけです。
d0167621_2255055.jpgd0167621_22551218.jpg


油自体は、はねた時はそれほど粘りはなくて、そのまま放置しておくと空気に触れて粘り出し、汚れを吸着して、あのベタベタ・ギトギトになります。我が家で使用したセメント系のブリックは、油がはねても吸収する?性質があるのか、表面上には全く油汚れが見られません。アップで見ると気泡のような穴があり、これが良いんでしょうか。。。(色の濃淡はもとからです)
d0167621_2345736.jpgd0167621_235817.jpgd0167621_2351735.jpg


とにかく、拭こうにもザラついた表面なので拭けないし、触っても汚れもないので、結果拭かないことに041.gif 
夫も同じ感想だったので、我が家ではしばらくこのまま放置と行きます~
d0167621_23132250.jpg



壁部分に最近パエリアパンを掛けるネジ穴を開けました。おそるおそる。。 結果、大丈夫!
厚さ9mmなので崩れないかとドキドキもんでしたが、無事に掛けることができました。夜撮影で画像が暗いですが。
d0167621_2316359.jpg



次なるは、、、最近設置したキッチンの対面カウンター(ただの棚とも言いますが。。)の背面部分がちょっとなぁ。。なので、
カウンターの両サイドと背面に同じブリックタイルを貼ったらどうやっ!と、夫と私。
あの、吐きそうな目地入れが再び。。。と思うと躊躇はするんですが。。。008.gif
d0167621_23242367.jpg



そうそう、ブリックに鼻を近づけてクンクン嗅いでみるんですが、臭いもしないんですよ~



いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-10-27 23:34 | 古民家 | Comments(0)

ベントウッドチェア

蒸し暑いこの3日間、、、雨の後、夕方からようやく秋らしい涼しさが復活?


古民家に引っ越してから、というよりも引っ越す前から、食卓用にとずっと欲しかったベントウッドチェア。
いに、先日買ってしまいました。

ベントウッドチェアとは曲げ木の椅子のこと。 ミハエル・トーネットがブナの木に高温の蒸気を当てて、木を曲げる技術を発明して以来、そのシンプルで美しいフォルムは普遍的デザインチェアとして知られています。

よくカフェなんかで使用されている曲げ木の椅子。このNo.14が憧れだったんですよねぇ。。。
d0167621_23372948.jpg



まっ、我が家の古民家にはょ~っとおしゃれすぎて、そこだけヨーロッパなんてことになりそうなので、
もう少しデザインもお値段も庶民的なものをGetしました。

KOSUGA(コスガ)によって輸入されていたルーマニア製曲げ木チェア4脚セット。
ヤフオクで3,000円也~001.gif 2年間しぶとく待ったかいがあったわ。。。
d0167621_23431615.jpg



到着後、ダイニングに置いてみると、ラウンドテーブルと色もあってるし、うちの家具は古いものばっかりなので、
違和感なし。やっぱり古い家には古い家具が似合うなぁ。。と、一人悦に入っております。
d0167621_2348147.jpg


d0167621_2348176.jpg



さすがに座面のゴブラン織り的な布地はちょっとなぁ。。と思うので、いずれ自力で張り替えもしくは、
撤去したら木肌が出るかしら?と、今後の楽しみに。

4脚で3,000円というのはホントに超破格値での入手、モノ自体はしっかりとした作りの立派な椅子です。
但し、大型製品につき送料は商品価格の倍かかったんですけどね042.gif(でも1万円以下で椅子4脚はやっぱり安いデス)
d0167621_23521824.jpg



朝の珈琲が美味しく感じるのは気のせいやろか。。。



いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-10-11 23:58 | 古民家 | Comments(4)

Mさんちの庭と台所

週末の土・日はようやくまとまった雨が降り、畑や庭には恵みの雨となってひと安心。
月曜から朝晩は涼しくカラッと晴れたお天気で、あれだけ続いた猛暑も来年までおさらばとなればいいのだけれど。。

庭の方では、クレマチスが春よりひとまわり小さい花をつけ、トラノオも咲き始めました。
d0167621_2181477.jpg



移住後しばらくして、セカンドハウスとしての古民家を7年かけて自分でリフォームされたMさんの記事を以前に書きました。

Mさんの古民家は通勤途中の道路沿いにあり、時々停まっている車を見かけたり、近くの喫茶店で偶然お会いすることも。
以前会った時に庭にデッキを自作したと聞いていたので、見に行きたいなぁと思っていました。
本日、車で自宅に帰り途中、古民家前に車が停まっているのを見かけ、ちょっと立ち寄らせていただきました。

玄関で声をかけてご挨拶もそこそこに、ずんずん歩いて中庭に回り素敵なデッキを発見!
デッキの右側が古民家母屋で、後ろがこれまた自作のバス・トイレが収まっている離れです。
d0167621_2294946.jpgd0167621_221017.jpg


離れのシャビーなドアや、そこかしこに置いてある色あせたテラコッタの鉢がこれまた雰囲気良しで。
d0167621_22173772.jpg


デッキは2段になっていて、しっかりした基礎の上に厚さ35mmの防腐塗装を施した板が綺麗に張られていました。
相変わらず器用なMさん。。何とガーデンパラソルが設置してある木のテーブルも自作だそうです005.gif
思わず「ウチもこんなの欲しい~」と、叫んでしまったワタシデス。
玄関の右手には全く雰囲気の異なる和庭があり、こちらの中庭は程良い広さで、雑木林のような心地よい木陰が。
d0167621_22233431.jpgd0167621_22252376.jpg


古民家の内部もちょこっとおじゃまして、かつて我が家にもあった懐かしのレトロなタイル流しがまたまたお洒落に~
メインキッチンはこの左側にあるのですが、タイル流し台をバックキャビネット風に使用されています。
d0167621_22353059.jpgd0167621_22354580.jpg

漆喰の壁の下に棚が設置されていて、カゴやキッチン道具が可愛くディスプレイ。
自家製の梅干しの入った大きな瓶や、ホーローのキャニスターも古タイルの調理台にしっくりとなじんで。
キッチンのカウンター越し、リビングダイニングからそのままデッキへ出られるようになっています。
d0167621_22415340.jpgd0167621_2243224.jpg


我が家のキッチンもただいま収納を模索中で、色々と参考にさせていただきました。(Mさん有難うございました)
ここまで器用なDIYは我が家にはまだまだ無理ですが、取りあえず塗ったり・貼ったり・棚作ったり、オットと二人三脚か。。

秋明菊の蕾も膨らんで、秋近し。
d0167621_2383568.jpg





いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-08-27 23:13 | 古民家 | Comments(4)

8月初旬の豪雨以来、1週間以上まとまった雨が降っていないpastel地方。
前回ブログに書いたこの夏一番の暑さはとっくに記録を塗り替えて、夫の報告によると一昨日は蔵の前での計測で38℃を005.gif

ここまできたらエアコンなしは何とか乗り切れそうだけど、そろそろひと雨欲しいところです~


本日の収穫。少し前に今年はインゲン豆が不作なんて書いたけど、、どっこい、連日の大豊作なのでありました042.gif
単に、時期的なものなんでしょうか。。 8月初めの戻り梅雨的雨が幸いしたのかも??
d0167621_15541798.jpg


一緒に収穫した見るだけで辛そうな刺激的赤色は「韓国とうがらし」。今年初めて植えました。
普通の唐辛子も植えていますが、こちらは冬に漬ける予定のキムチ用にと。(すでに白菜が採れたつもりになってるし。。)
この春、近所の方から自家製の白菜キムチをいただいて、あまりにも美味しかったので絶対この冬には伝授いただこうと。
唐辛子だけは韓国産のものを入れてるそうなので、たまたまHCにあった苗を植えてみたのでした。衝撃的な発色のデス


2~3日おきに小カゴいっぱいに収穫しているインゲン豆。佃煮やゴマ和えや煮込みや揚げ物etc。。
一昨日はさっとゆがいたインゲン豆をフライパンいっぱいにバターソテーして、、、でも、まだ大量の残りが冷蔵庫に。
休みの今日、お昼ご飯はこの大量のインゲン豆の残り物をやっつけようと。

冷ご飯をハーブソルト&ブラックペッパーで軽く炒めて、完熟ルンゴもオリーブオイルで軽くソテーし、
耐熱皿に並べ、冷蔵庫にかろうじて2個あった貴重な卵をポンと割り、粉チーズを振りかけて250℃オーブンで10分少々。
d0167621_16164487.jpg



ほどよくこんがりと水分が抜けたルンゴとインゲン豆がイイ感じ060.gif
このルンゴは水分の含量が少なくて、酸味もやわらかく、加熱調理にはもってこいのトマトです。
d0167621_1621156.jpg



半熟の卵の黄身がトロ~リ、暑くて減退気味の食欲がちょっと戻って来た気がする。。。
夫もガツガツ、ウマイウマイと残りものインゲン豆を片付けてくれました。
d0167621_16274028.jpg




リフォームをしてダイニングキッチンの密閉性が向上したのか、本日もPCを置いているこの部屋の室内温度は34℃。
それでも、家中の開口部を開け放つと心地良い風が通り抜けて、何とか扇風機のみで過ごせる有難さ。
d0167621_1638358.jpg
d0167621_16381357.jpg


夏の古民家はホントに過ごしやすく、同じ35℃でも大阪にいた頃の暑さとは体感温度が絶対的に異なります。
後ろに山がひかえているので、夕方には北の縁側を通る風は涼しくなり、夜はほぼ扇風機なしで寝ることができる驚き。
d0167621_16422422.jpg


玄関土間からキッチンへも、造作した壁の上の小建具を開け放ち、風を通します。
d0167621_1644761.jpg



その分、冬の寒さは厳しいのですが、たとえ半年間でもこの快適さの中で暮らせると思うと、
里山が広がるこの地に住んで良かったなぁと思うのです。
d0167621_16492217.jpg

d0167621_16552693.jpg


和庭周辺や上の畑に自生しているユリがあちこちで咲き始めました。
このユリが咲き始めると夏もそろそろ終盤かなと。。。



いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-08-17 17:00 | 古民家 | Comments(2)

古民家とのれん

今朝、古民家の玄関に暖簾(のれん)を取り付けました。

d0167621_20401748.jpg


暖簾(のれん)とは、建物や部屋の入り口に外部と内部の仕切りとして垂らす布のこと。
元々は直接風や光が入るのを防いだり「寒さよけ」として取り付けられたのが始まりらしいのですが、
一般的な家屋では内部が外から露骨に見えにくくする目的の方がポピュラーかも。

d0167621_20543667.jpgd0167621_20571523.jpg

で、我が家の場合は。。。 実は、ツバメよけ

昨年に引き続き、今年もまた5月頃から頻繁に到来。
晴天続きの気持ち良いこの時期、玄関を開けて外からの心地よい風を屋内に通そうと思うのですが、
戸を開けた途端、待ってましたとばかりにツバメが2羽ピューっと入り込みます。

玄関土間にかつての巣作りの痕跡が何か所もあり、今来ているツバメのご先祖様のものなのかどうか。。。?
巣を作ろうと土を運んで来るんですよね。 もれなく「ふん」ぽたぽたのおまけがついて来るんですけど042.gif
日中は留守にしているので、やはり巣を作られては困るしってことで、苦肉の策での暖簾取り付け。

d0167621_21185775.jpg

取り付けてみて、、、古民家に暖簾はベストマッチ060.gif  勢い、夫と二人でにわかお店屋さんごっこ(笑)
「開いてますか~?」「は~い、いらっしゃいまし~」なんてね。。。

d0167621_212097.jpgd0167621_2120259.jpg


ツバメ達は玄関前の電線ケーブルにとまってしばし様子見。時折りアイドリング状態で催促したりも037.gif
やがて、今日のところはあきらめ模様で撤退してくれたようです。

初夏の穏やかな風がふわ~っと暖簾をすり抜け古民家の中へ、、、なんとも心地よい一日のはずでした。


夕方夫からの、 「ジャガイモト、ニンジント、マメヲ、サルニヤラレタ」の一報を除けば。。。021.gif




いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-06-08 22:03 | 古民家 | Comments(4)

2月も後半になるとドカンと積もることはないようですが、今日も朝から雪がちらついて寒い一日です。

雪がちらつく中、日頃の運動不足を少しでも解消すべく、午前中は夫と二人で村内ウォーキング。
静かな村ですが、散歩中を含めて犬に3頭も出会いました。犬密度はなかなか高い地域です。。。

しばし「寒いねぇ~」などと立ち話をした中で、同じ時期に移住されたTさん宅は、ひと月の灯油代が4万程と。。。005.gif
お風呂にも使用されているので我が家とは比較にならないですが、それにしても結構な支出。

高騰の一途である灯油代ですが、今期我が家は2缶/週くらいのペースで使用しています。
これは大阪で暮らしていた頃にはなかった支出であり、家計的には痛~い007.gif

で、その灯油を使用している暖房及び我が家の冬の暖房ラインナップをご紹介。
昨年一部リフォームして格段に気密性はアップしたとは言え、昔ながらの古民家ですので新築物件ほどには暖かくはなりません。

↓ ↓ こちらは16畳の居間で使用の石油ストーブ① 北側に設置 赤いソファの後ろあたり。 
d0167621_16303919.jpg

↓ ↓ 同じく16畳の居間で使用の石油ファンヒーター② 南側に設置 ※設定温度は13℃に042.gif
d0167621_16331019.jpg

ものすっごく冷えた朝は、①と②を同時点火で急速暖め開始、その後①のみ使用に。

↓ ↓ こちらは12畳のダイニングキッチンで使用の石油ストーブ③ 小型で煮物に重宝してます。
d0167621_16372374.jpg

↓ ↓ 同じくダイニングキッチンの石油ファンヒーター④ これも小型で居間側の壁際に設置。
d0167621_16405587.jpg

夕方帰宅後、すぐに③と④を同時点火で暖め開始、その後③のみ使用に。
やはり、朝起きたてと夕方帰宅後は急速に暖めないと古民家はすごく冷えきっています。
少し暖めた後は、居間もダイニングも各1台で今のところ過ごせています。
居住スペースは上記の4台を寒さに応じて使い分け、本日来客ありで撤去していますが普段は居間にコタツが加わります。

で、一番寒い北側の寝室ですが。。。
デロンギ社のヒーターは一応置いてありますが、風邪をひいた時以外は使っていません。
移住後、購入した一番のすぐれもの暖房があるのですよ006.gif  これ~ ↓
d0167621_16501689.jpg


湯たんぽって本当に温かい! ストーブで沸かしたお湯を湯たんぽに入れ、寝る一時間前に布団の中に入れておきます。
寝る前にゆっくりとお風呂につかり、身体が温まった状態で湯たんぽベッドに入ると朝までぐっすり。

去年に比べると当地の寒さにも少しは慣れて来たのか、今年は寒くて夜中に目が覚めることもなくなり、
何とか①~④の暖房使い分け+コタツで暮らせています。エアコンは引っ越し時に持ってきたけどいまだ未設置。

薪ストーブが1台あると①~④の暖房は必要なし、ってことになるのでしょうか???
うーーーーっ、早く欲しいデス。。。。



いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-02-20 17:35 | 古民家 | Comments(2)