和室の壁塗り DIY完成

今日は30℃超えかな?暑い一日でした。


早朝、レモンバームやカモミールなどを摘んで水出しのハーブティーをガラスポットに冷やしておくのですが、汗をかいた後にのむとスッキリ美味しいです。 こんな感じでぎっしり、詰め込み過ぎか。。。

d0167621_22473358.jpg




2週間ほど前から取りかかっていた和室の壁塗りDIY、全て塗り終え養生も撤去し、漆喰も乾きました。何とか完成に至りましたので、記録としてアップしておきます。細部は見られたもんじゃないんですけどね042.gif


引っ越し当初の何もない奥の和室。砂壁の色が暗く、特に床の間はダークグレーで陰気な感じでした。この部屋は今回壁を塗り直しただけで、未だリフォームはしておらず、畳は数か所沈みますが。。。

d0167621_22561613.jpg



手前のリビングになっている和室から床の間方向を撮影しました。メイがエラそうにソファで寝てるのはおいといて、床の間周辺がグンと明るくなったかと。。。

d0167621_22585746.jpg



似たような角度から、左が塗装前で右が塗装後。やっぱり断然塗って良かったと個人的には思います。

d0167621_2373817.jpg



実家から持ち帰った絵皿もきちんと立てて、友人のご主人作の備前焼きの花瓶に取り変えてみると。。。
おぉ~! 活けてる花はセンスがないけど、備前の花瓶が壁をバックに良い感じ~ ちなみに花台も頂きもん060.gif

d0167621_23112863.jpg



以前はカビで薄らと黒ずんでいたブルーグレーの砂壁、漆喰塗ったらとにかく明るくなったなぁ~

d0167621_23174259.jpg

d0167621_2318167.jpg

d0167621_23214234.jpg




細部はこんな風に不規則なコテあとがついて、いかにも素人施工丸出しなんですが、脚立をよじ登って壁に顔を近づけて見る客人は多分いないだろうから。。。

d0167621_23252074.jpg



普段は襖を閉めきっていて使わない部屋ですが、これからの季節は風を通したいので開け放ちます。開けても壁の色と臭いが気にならなくなったのが何よりも嬉しいです~

d0167621_23283133.jpg



二人で住むには広すぎる古民家。必要最低限のリフォームはしたんですが、まだまだ修繕を要する箇所が多々あるんですよね。
例えば、この和室の押し入れ。。。 仏壇は撤去してありますが、跡形は残っていて、収納場所を確保したいので押入れリーフォームもそのうちに。。。 
ホント、古民家は修繕がつきないと嘆く今日この頃。。042.gif まっ、ボチボチと。






最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちです。お許し下さい~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2016-05-31 23:41 | DIY | Comments(0)

和室の壁塗り DIY

日中はとても日差しの強い一日でしたが、夕方になると日中の暑さが嘘のように空気がひんやりとしてきます。


先日から、床の間のある和室の暗~い砂壁を漆喰壁にリフォームしようと取りかかっています。
壁塗りDIYはこの家をリフォームして以来なので久々、しかも失敗経験もありで養生も大変な大仕事です。


和室から見える和庭。古民家ちっくな眺めですが。。。この部屋は使用することがないので、使わない家電製品などの一時置き場と化してるのが現状デス。。。

d0167621_2359166.jpg



この古民家に住み始めて一年後に、水回りと和室3部屋は床や床下・壁をリフォームしたのですが、床の間のあるこの和室はノータッチでした。

d0167621_23474575.jpg

d0167621_2353749.jpg



写真ではそんなに傷んでいるようには見えないかもですが、畳の床はおそらく根太や大引の腐食で何カ所も沈みますのでそこを避けて歩いたり、壁は砂壁でさわればボロボロ落ちるし、おまけに汚れているように見えるのはどうもカビらしく梅雨時になるといや~な臭いも007.gif

d0167621_23561233.jpg



で、リビングと同じ淡いクリーム色の漆喰壁にするべく、まずはテープでぐるりと養生を施しました。
この壁塗り作業はツマ一人のDIYプロジェクトとなります。主に木工や土木担当のオットは、、完全スルーを決め込んだ様子021.gif

脚立に登り、こわごわとてっぺんまで登り、ぐらつく畳床におののきながらマスキングテープ貼り。

d0167621_075893.jpg


壁の黒ずみはカビ!天井には蜘蛛の巣!すき間にはおびただしい虫の死骸!写真は撮れない片足作業~

d0167621_094466.jpg



8畳の和室と床の間の養生を終えて、ますはアク止めの下地材を塗布していきます。この下地塗りの丁寧さがが出来上がりを左右する。。。なんてことは知ったこっちゃないわ~
そこらの天井よりぐんと高くて塗るだけで精一杯!とにかく、お化粧の下地クリームを塗るごとくローラー刷毛で塗っていきました。

d0167621_0185458.jpg


床の間の角なんて、薄汚れた感じだけど大丈夫か。。?

d0167621_0194872.jpg



夏場は2~3時間乾かしたら本塗り可能で、勢い漆喰を塗り始めました!(今回は練り漆喰を使用)
塗り始めは結構濃いクリーム色に見えますが、乾けばアイボリー色になります。

d0167621_0241932.jpg


コテ跡は。。気にしない!かなり波うっていますが、遠目で見れば乾けば目立たないハズ???
わざとこんな風に塗ったのよ~とでも言い訳しときましょ042.gif

d0167621_0253475.jpg


ズンズン塗って、、、

d0167621_027594.jpg


ボトボト落として、、、

d0167621_028939.jpg


力尽きてこの日はここまで~042.gif



ガーデンも花色が豊富になってきました。夕方撮影で少し暗めです。

d0167621_0471922.jpg
d0167621_0492129.jpg

d0167621_0541824.jpg




今日は午前・午後と庭見学のお客様。今が旬のジャーマンカモミールと新葉が香るレモンバーベナのハーブティーでまったりとしていただきました~

畑で採れたイチゴでクリームチーズムースをデザートに060.gif

d0167621_0583583.jpg



明日は壁を仕上げるべく頑張るーーーーー!





ブログに訪問有難うございます!かなり気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちです。お許し下さい~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2016-05-21 01:04 | DIY | Comments(0)

オットの薪小屋作り

薪ストーブを毎日焚く季節となり、薪の使用量がガンガン増えるにつれ不安になる私。
最近では、運転中に伐採した木などが放って置かれているのを目にすると、気になってしょうがない(笑)


以前の記事で蔵周りの整地について書きました。コチラアチラ。その後、この場所に薪小屋を作る予定でしたが、
着手したのが11月に入ってからで、ようやく完成したのが12月の初旬でした。休日となると草刈りが最優先の時期は、どうしても他に手がまわらないのが田舎暮らしの現実、トホホ008.gif


今か今かと薪小屋の完成を待つ、壁がはがれ落ちている蔵の様子。7月頃です。

d0167621_22341336.jpg



ようやく長かった魔の草刈りシーズンも11月には終焉を迎え、妻は果樹ガーデンやり直しに精を出し、オットは念願の薪小屋製作に取り掛かりました。そこへ、久々にN氏が助っ人に参上~038.gif  手先の器用なN氏、本当に有難いっ!


オットの構想としては、約1年分の薪が保管出来る、幅4m×高さ2.3m(確か。。)×奥行き90cm(だったかと。。)くらいの大きさの薪小屋を作るらしい。購入資材としては、柱や土台、大引きに使用する木材は購入し、垂木や根太、その他に使用する木材はストックしている廃材を利用ということでした。


d0167621_22503038.jpg
d0167621_22504510.jpg



細かい工程を全く撮影していないので、それでなくても専門的なことは皆無の私。理解できたのは、金物で接合するよりも、ノミでほぞ穴を掘り二つの木材を組み合わせる方が接合強度がかなり強くなるということ。。。
これって、いま住んでいる古民家のそこかしこに使用してある加工技術だわっ!昔の人はスゴイ。。。


d0167621_230374.jpg



ようやく(いきなりともいう。。)建前というのでしょうか、主要な柱などが組み上がって、数日間滞在してくれたN氏もここで我が家を後にしました。

d0167621_2325940.jpg


N氏が帰ってから、オットは天候と時間と体力と、おまけに妻からの緊急指令と折り合いをつけながら?コツコツと残りを仕上げて行ったのでした。

d0167621_237534.jpg


12月初旬頃にようやく完成となりました。屋根は近所の納屋解体時のトタンを譲り受け使用しました。

d0167621_23185182.jpg

d0167621_23192010.jpg


西側の側面の様子。薪は40cm長さを前列と後列に並べられるようにし、端から落ちないように横木を打っています。

d0167621_23221423.jpg


反対側は、古民家リフォーム時にストックしておいた古い建具を雨風除けに取り付けています。ちょっとオットのこだわりとして、建具の上方にフラップドア的な細工を施してあります。雨が降らない時は風通しがよいように開けておくのだそうです。

d0167621_23293572.jpg


。。。。でも、完成以降に何度も雨は降っていますが、いまだにこのフラップドアが閉まっているところを見たことがないのですけどね037.gif

とにかく、念願の薪小屋が完成して良かったぁ~

d0167621_23304617.jpg


問題は。。。薪がちっとも積めないという現実。玉切り状態のものや乾燥させないといけないものを納屋から移動させてはいるんですが、日々燃やす薪の方が大事なわけで、今は納屋から薪ストーブへ古材の薪が直行している状態です~008.gif




ブログに訪問有難うございます!かなり気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif
コメント・リンク大歓迎ですが返事が遅くなりがちです。お許し下さい~
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-12-18 23:38 | DIY | Comments(0)

昨日から今日にかけて雨、雨、雨、時々雷。ホントに地面が乾かなくて、畑&庭仕事が出来ずで困ったもんデス。。。


早朝、ちょこっと晴れ間が顔を出した時を見逃さず、畑の上の上まで急ぎワラビを摘みに行きました。
持ち帰ってすぐに薪ストーブの灰を二つかみほど入れ熱湯に浸して灰汁抜き。頂き物のタケノコもあるし~

d0167621_19505742.jpg



カウンターの上に置いてみたついでに、キッチンカウンターをDIYでタイル貼りした完成写真をのっけてなかったので、目地が乾いたその後の様子を。


ベージュのタイルに同じくベージュの目地を入れましたが、画像では全体的に白っぽく見える感じがします。
こうやって見ると、やっぱり目地幅はもう少し狭くとった方が良かったなぁと。。。計算ミスなのでしょうがないか。。

d0167621_2015648.jpg


カウンターの上には、計りと花とカトラリーを入れた容器のみ置いている状態です。以前に比べたら断然広くなりました。

d0167621_2042522.jpg


1枚20円の10cm角タイルをベニヤの上に55枚貼っただけの、ナントモ安上がりのカウンターが出来上がりました。

d0167621_20221237.jpg


カウンター越しに壁の方を見るとこんな感じになっていて、カウンターとキャビネットの間を通って流し台へ行きます。決して広くはない通路なのでカウンターの横幅は既存のままの120cmです。

d0167621_20115964.jpg


今日は、ワラビを摘んだ後、畑や土手のあちこちにワサワサと生えているヨモギも摘んだりして、おまけに食パンが切れていたのでパンも作るべく、カウンターの上は大活躍となりました。

d0167621_20143640.jpg


奥行きを40cmから60cmへと20cm広くしただけですが、このパン捏ね台が余裕でおけるのが大助かり。
ヨモギを茹でて、すり鉢でペースト状にし、あんこを解凍していざヨモギ餅作りへ。
d0167621_20145998.jpg


初トライのよもぎ餅ですが、形はさておきそれなりに美味しゅうございました。筍のお礼にご近所へおすそわけ。

d0167621_20435395.jpg



旬の恵みがいっぱい手に入ったので、晩ご飯も桜鯛以外は自家調達で財布に優しいメニューとなりました006.gif
出来上がった料理をカウンターへひとまず並べて、テーブルへと運びます。(お手伝いにオットを呼んで)

d0167621_2026312.jpg



本日の晩ご飯は、筍ご飯、ワラビと豆腐の粕汁仕立てのお味噌汁、旬の桜鯛はハーブとニンニクとオリーブオイルでオーブン焼き、付け合わせに畑のブロッコリー胡麻ドレッシング和え、筍の煮物、ワラビの三杯酢。

d0167621_20311665.jpg


山椒の新芽が瑞々しく、晩ご飯に大活躍でした。

d0167621_20313644.jpg



まだ、ベニヤとタイルが残っている。。。次はどこ?? 






ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-04-15 20:53 | DIY | Comments(2)

今日は終日雨でしたが、お天気に恵まれた火曜・水曜の休みは畑や庭仕事がはかどりました。
2日続けて耕運機を駆使し、クワをふるったおかげで、今朝は腕や肩や腰が筋肉痛でイタイイタイ007.gif

肉体労働でクタクタになりながらも、水曜の夜、キッチンカウンターの目地入れを何とか完了したので、地味~な写真をUPしておきます。キッチンカウンターDIYの過去記事はその1その2その3で。


前回、目地材が足りなくなったので追加で購入しました。INAXのスーパークリーンで色はベージュを使用。
画像は最初に500gだけ使用した時のものです。
d0167621_2141756.jpg



仕様書に記載してある規定量の水を加えて、付属品のヘラでねりねり、こねこね。

d0167621_2153759.jpg




カウンターの縁には養生テープを貼って、ヘラですくって目地を入れて行きました。。。
久々の目地入れで。。。もうね。。。やっぱりね。。。ぐちゃぐちゃ、しまいには指でなぞったり、塗り込んだり。。。

d0167621_2174496.jpg




こんなんで大丈夫?汚れは落ちるの?ってすっごい不安になりましたが、塗り終えた後、スポンジや布で拭き取ると綺麗になりました、ホッ042.gif ここは、肝心なとこなので入念に拭き取りました。。

d0167621_21142999.jpg



3分の1を塗り終えた時点で目地材がなくなりここで一旦終了。ラップを被せて乾くまで数日放置しました。
説明書によると、500gで目地幅3mmくらいだと1㎡は十分可能なんですが、諸々の計算ミスにより目地幅が1cm近くにもなってしまったり、深さも7mmほどあったり、ロス分も多くてまったくもって足りませんでした042.gif

d0167621_2116537.jpg




そして、昨日の夜に残り3分の2を塗りました。1回目よりは少し慣れてスピードもアップ。ロスも少なくなりました。右側の画像、左の部分は以前に塗った目地が乾いて白っぽくなっています。塗りたては濃いグレー色。

d0167621_21242738.jpg




ようやく全部の目地入れが終わり、スポンジで拭き取った後、ラップをかけて数日放置して完成となります。
目地が完全に乾いたらまた完成写真をアップ予定ですが、、、やっぱり、目地って大事やわ~と。
ほんの数ミリの違いなんだけど、もう少し目地幅が狭い方がいいような気がします。広いと汚れも付き易いしね。。


d0167621_21305047.jpg




昨日、畑ガーデンpart2予定地をミニ耕運機で耕していたら、、、ふと足元を見ると水色のじゅうたんが。。
水仙のそばで、一面オオイヌノフグリが愛らしい小花を咲かせていました。春ですねぇ056.gif


d0167621_2136465.jpg






ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-03-19 21:42 | DIY | Comments(0)

先日から取りかかり始めたキッチンカウンターDIYの続きです。


前回は、既存の古い棚の上に、ベニヤで作った枠つきの台を取り付け、そこにタイルを仮置きしたところまで。


次はベニヤの枠に色を塗っていきます。既存の棚と近い色合いの残り物のステインを2色混ぜてササっと塗ったんですが、サンドペーパーなどをかけていなかったので多少の色ムラが。。。
遠目には目立つほどではないので(と、自分で思ってる)、まぁいいわと。 でも、ちょっと気になってるし042.gif

d0167621_2224250.jpgd0167621_2225566.jpg


それから、地味な作業が続きマス。これはあまり好きではないけど、これをしないとタイルが固定できないので。。
ほとんどアバウトなDIYを得意とする私ですので、仮置きしたタイルに定規をあててペンで線を引いて、
100角タイルを1枚1枚手に取り、以前キッチンのブリックタイルを貼った時に残っていた接着剤を塗布。

d0167621_2285530.jpgd0167621_229712.jpg


タイルカットは避けたかったので、縦列に5枚、横列に11枚で目地幅は7~8mmくらいかと。かなり広めです。
最初にもっと板の大きさを緻密に計算するべきだったと反省。。。 いつものことですが。。貼り終えた状態です。

d0167621_2217415.jpg



この時点で、まだ目地剤を購入していなかったのですが、オットのアイデアでカウンターの裏側に棚を取り付けることに。
以前、カウンターの上に果実酒のビンをゴテゴテと置いていたのでそれをすっきりと収納できる見せる棚。

d0167621_22203435.jpg


ビン棚の奥行きは上のカウンターより若干狭くしていて、15cm。縦に4本細木を取り付け、横に渡した棚は棚受けで固定しています。ちょうど光があたらず、本来は冷暗所におくべきものなのでちょうど良いかと。
棚の位置は床から30cmらしく、オット曰く、落ちても割れない高さだそうデス。。。但し、実験はしてないけど042.gif


d0167621_22251224.jpg

d0167621_22244797.jpg




古い棚にちょっと手を加えて、古い家になじむようなキッチンカウンターが出来つつあります。
新築の家の真新しいキッチンで、作りつけの棚、なんていうわけにはいかないので色々と工夫が必要だったりで。。



実は、先ほど2時間ほどかかって3分の1ほど目地入れをしたのですが。。。ナント、目地剤が足りなくなるという不測の事態に~042.gif思っていたより目地幅が広くなってしまい、500グラムの量では全然足りず、あかんわ~


次回に続く。。。






ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-03-14 22:42 | DIY | Comments(0)

明日は冬の寒さに逆戻りで、なんと雪らしい005.gif しかも、積もる予報とか。。。 春は近くてまだまだ遠い?


夜、帰宅するとDIY中のキッチンカウンターの様子がそれらしくなっていました。前回の記事でタイルを発注し、オットがベニヤをカウンターの大きさにカットしたところまでご紹介しました。(夜の撮影でちょっと暗いんですが、、)

d0167621_2128294.jpg



発注していた100mm角タイルも届いて、サンプルなしのいきなり発注だったけれど、画像で確認した通りの色と質感でまずはOK。真っ白にしなかったのは、このキッチン全体がブラウントーンで、しかも古い家具が多く白だと浮いてしまうような気がしたからです。遊び心で数枚ほど絵タイルを入れてもよかったんですが、100mm角サイズの絵タイルがなかなかないんですよねぇ。。150mm角サイズだと手持ちのポルトガルタイルが数枚あるんですけど。。。あえなく絵タイルは却下となりました。

d0167621_21331461.jpg


ここ数日、オットがベニヤに外枠を取り付けて接着剤で接合中だったのですが、それが完了したらしくいきなりカウンターへお引っ越しとなっていました。少し目地をとって、半分ほどタイルを並べてみました。

d0167621_21372877.jpgd0167621_21394369.jpg


ベニヤの上からすでにビスが打ちこんであり、これで既存のカウンターと合体。もう離れませんので失敗は許されない。。

d0167621_21441432.jpg



横幅は変わりませんが、奥行きを20cm広げただけでかなり広く感じます。横から撮ってみました。

d0167621_21454661.jpg



オットの作業は一旦ここまで。この次の工程は、私がベニヤ枠に色を塗り、タイルを貼り、目地入れをする作業。これが、キッチンカウンターの出来ばえをかなり左右すると思うんだけど042.gif 苦手な目地入れが再びめぐってきました~008.gif
以前、キッチンバックのブリックタイルの目地入れでかなり苦労したので、今回は如何に?

d0167621_2152670.jpg






当ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2015-03-09 22:07 | DIY | Comments(2)

今日は曇りのち雨。 春が来る前はこんなお天気がダラダラと続くのもこの地方の特色なのか。。
せっかくの休みなのに、、、しょうがないから茎ワカメの佃煮を薪ストーブの上でコトコト炊いたり、黒豆と煮干しを揚げて甘辛タレでからめたおつまみを作ったりして過ごしました。

庭では今、クリスマスローズのうつむき加減の花がひらきかけています。カメラで撮るのがひと苦労なくらいうつむいてマス。
d0167621_2105811.jpg




本日は久々に腰を上げたDIYの内容を。

かなり前からオットにお願いしていたキッチンカウンターのDIY。ようやく、取りかかれそうな気配です。
キッチンカウンターと言っても、モチロン一から作るのではなく(それはまだまだハードルが高すぎる我が家デス。。)、既存の棚が狭すぎてカウンターとしての機能性に欠け、それは言いかえれば私がその上に物を置き過ぎる、という事でもありますが。。042.gif

カウンター部分のみを拡張するという初級クラスのDIYなのです。


何も置かなければ、一見広そうに見える古い棚カウンター。(初期の頃)

d0167621_21154143.jpg


自家製果実酒の瓶や、計りや、カトラリー類など、ホントはもっとゴチャゴチャ置いてるのが常で。。(撮影用に移動させました~)

d0167621_21192486.jpg


この棚の反対側は仕切り板と引き出しと扉がついていて、いろんなキッチンまわりの物を収納しています。
サイズは幅が120cm、奥行きが40cm、高さは80cm。問題は奥行きなのです。流し台で調理をする時に、材料やボウルを一旦置いておく場所や、パン捏ね台を置く場所としてはちょっと狭すぎるんですよねぇ。。

d0167621_21192132.jpg
  

そこで、オットにお願いした内容はこの奥行きを60cmに広げたいと。幅は動線の関係でこれ以上広げるのは無理なのです。

工程としては、既存の棚の上に120cm×60cmにカットし縁を細木で囲んだベニヤを取り付け、カウンター上部にはタイルを貼るっていう感じです。木工事はオット、タイル貼りはツマといういつもの役割分担デス。

まずはこんな感じにカットしたベニヤと細木。(まだ接着はしていませんが)

d0167621_21375192.jpg


サンプルで取り寄せた色とりどりの100角のタイルを置いてみたり。

d0167621_21384080.jpg


で、いつものように悩みのタネがタイルの色と質感です。実は以前リフォーム時に色んなタイルサンプルを取り寄せた時、カウンターにはこれを使おう!と、決めたのがあったのですがもう廃番なのかずっと在庫なしでした。

サイズは100角で決めていたんですが、色と質感の気に入ったのがなかなかなくて、悩んで悩んでようやく発注しました。 我が家定番のアウトレット品で1個20円也。70個もあれば十分足りる数ですが、他にも利用できそうでとりあえず100個注文で2000円也でした。

d0167621_2156527.jpg


窯変釉により色むらがあり、形も縁などは不ぞろいだったりですが、そこが気に入ったベージュ色っぽい磁器タイル。

d0167621_2225198.jpg


これはサンプルなしのいきなり注文なので、どんな仕上がりになるのやら。。。
まだまだ時間はかかりそうですが、経過をアップして行こうと思いマス。


花がないのがちょっと寂しくて、室内で冬越ししている鉢植えゼラニウムが花をつけてきたのでそちらをパチリと。となりのドラセナ・ソングオブインディアは葉っぱを落としまくり瀕死の状態です~042.gif

d0167621_2262746.jpg








当ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村



 
[PR]
by pasteldenata | 2015-03-03 22:09 | DIY | Comments(0)

古民家の外壁DIY 北側編

前回ブログ記事の終わりの方でちょこっと書いた久々の古民家DIYです。


一昨年の古民家リフォームは主に家の内側、水回りや床下の改修など、日常生活に最低限必要なスペースを優先しました。
外側はどうかというと、壁や屋根や外観は全く手を加えていないので、我が家を訪れる人は外と内のギャップに驚いたりも。

で、今回のDIYはかねてからどうしても設置したかった外の水場。
家は古民家ですから、オシャレなレンガの立水洗なんてのは論外で、実用本位の洗い場がほしかったのです。 そう、、、畑から収穫した土まみれのダイコンや白菜をジャブジャブ洗ったりするアレです。

設置場所はここ ↓↓ キッチンの外側に井戸水を引いた水道管があるのです。
下方のブロックとブロックの間にちょこっと見える赤い栓が、それ。

d0167621_2232233.jpg



キッチンをリフォームした時に窓の大きさを変えたので、その部分の外壁だけは漆喰で綺麗にお化粧されました。
けれどもその下は以前のヒビが入り汚れたセメント壁のままで、ここにそのまま外シンクを設置するのもどうかなぁ。。と。

幅12cm×長さ2mの野地板を22枚購入。1枚あたり100円もしない激安板。これを1m長さにカットし、塗装していきます。

d0167621_22372376.jpg


板の表面はかなりラフなんですが、塗ってしまえばわかんない~  あくまでもセメント壁隠しが優先なのデス。
d0167621_2239122.jpg



先に塗装した廃材で横木を貼って、その上にカットし塗装した野地板を縦に貼って行きます。今回上部だけクギ打ち。

d0167621_22451113.jpg
d0167621_22454741.jpg



3cmくらいの間隔を開けてズンズンと貼って行き、先日購入した中古の業務用シンクを設置するとこんな感じになります。
d0167621_22472175.jpg



それから、肝心な井戸水の水道管の設置となります。この部分だけは板を水道管の幅に合わせてカットし調整します。

d0167621_2252404.jpgd0167621_22524860.jpg


と。。。その肝心な施工途中の水道管部分の画像がないのは、帰宅したらオットがナント完成させてました。。。042.gif

d0167621_22572441.jpg



構造的にはHCで買って来た水道管(パイプ=真ん中の黒色)を設置し、それを凍結防止用の資材(その次の白色)でくるみ、尚且つその上から竹筒で囲いました。
その部分を上から覗いた画像です。 ちょっと分かり辛いですが、マイナス7℃仕様となっているハズ。。。?
蛇口安定のため、必殺麻ひもグルグル巻き! でも、多分、真冬はこの部分も何かでくるまなくては凍ると思う。。。

d0167621_2322988.jpgd0167621_2324483.jpg


完成とあいなりました~  (塗装担当:妻、カット及び施工:夫)

d0167621_23161212.jpg



蔵の前あたりから少し引いて撮った画像です。 セメント壁が隠れたらちょっと小綺麗な感じになりました001.gif
注:排水はシンクの手前に板で蓋をしていますが、溝があって下の川へ流れるようになっています。
d0167621_2318665.jpg



この箇所で、購入板の半分を使用。 まだ半分残ってるわ。。。
次は西側、風呂場の外壁にトライ!




当ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2014-09-13 23:25 | DIY | Comments(2)

DIY 塗るだけ編

ようやく昨日から、村の桜が満開です。 肝心の写真を撮っていなくてアップできずデス。
でも、この雨で早くも散り始めて残念008.gif
お天気の良かった昨日、芝生や花壇の草抜き(ほんのちょっとだけ)、ハーブなどの種蒔きをしました。


久々のDIYにも挑戦~ って、ペンキを塗るだけなんですけどね006.gif


まずは、メイちゃんの犬小屋。
先日、ご近所の方から使用しなくなった犬小屋をいただいたので、ちょっと色を塗っておめかし。
プラスチック製の犬小屋で、欠けもあったりですが使用するには十分なので有難く使わせていただきます.


塗る前はこんな犬小屋。色も退色していて欠けもあります。
d0167621_7584740.jpgd0167621_7585935.jpg


水性で無臭のペンキで屋根を緑色に、他は茶色で家っぽく。
d0167621_821534.jpgd0167621_822763.jpg


出来上がりは。。。オッ、ちょっとグレードアップした感じでお古に見えないわ、と自己満足にひたり。。001.gif 
でも、肝心のメイちゃん。。。この中に入ってくれないのですよねぇ。。何かいい方法がないかなぁ。。
d0167621_84766.jpg
d0167621_835320.jpg



次はキッチンに棚を設置しました。
私がしたのは、HCに行って松の180cm集成材を買い、その場で130cmにカットしてもらい、
家に持ち帰ってオイルステインで茶色く塗っただけ、という簡単部分担当デス ハイ006.gif

キッチンの壁面にはドライハーブを入れたカゴや絵皿などを飾っていたのですが、
ここに棚をつけて見せる収納にしよう、保存瓶なんかを並べてちょびっととオシャレに~
d0167621_8102987.jpg


夫に棚受けを取り付けてもらいました060.gif
d0167621_8144586.jpg


ハーブや唐辛子のカゴは天井の梁からつり下げ、絵皿も元の位置から少しずらして、瓶を少し並べてこんな感じになりました。
d0167621_81651100.jpg



また、今年もドライハーブを作るのでここに並べて気軽にハーブティーが飲めるようにと。
棚の中にしまい込むとなかなか取り出すのがめんどうで、フレッシュハーブの季節しか飲まないことが多かったのでね。。。042.gif



ご訪問ありがとうございます056.gif暖かくなるとすることが増え、ブログ更新もちょっと増えつつ。。。  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2014-04-06 08:27 | DIY | Comments(2)