カテゴリ:その他( 1 )

場末の映画館

本日、庭や畑や古民家とは無縁の内容です~  興味のない方はスルーして下さいね~040.gif


今どき、「場末」なんて言葉は耳にすることもないし、ほとんど使うこともないのでは?と、思う。
辞書的な意味としては、繁華街の中心からはずれたちょっと侘しい場所ってなとこだろうか。。


こちらに来てから1度も映画館で映画を見ることがなかった。私の住んでいる市には映画館というのがないのデス。
それどころかレンタルビデオ(DVD)ショップすらないぞっ!005.gif(以前は1軒あったらしいけど閉鎖したとか)
なので、冬場のコタツの友は必然的にケーブルTVの懐かしい映画や、新しくても2年くらい前の映画となります。


近隣の二つの市には映画館がそれぞれあるけれど、洋画はめったに上映されずもっぱらアニメとかが多かったんですが、
昨年末に封切りの『永遠の0』が両市の映画館で上映中と、地元新聞の映画欄で発見!
4~5年前に原作を読んでいたのと、たまたま先週水曜日のレディースday1000円の日が休みだったので、
雨降りの中、車で峠越えをして少し近いほうの隣市の映画館まで行ってきました。


職場の友達Iちゃんに言わせるとそこはまるで場末の映画館って雰囲気らしい。。。
「今どき、、場末って、、どんなとこなん、それって??」と、笑いながら尋ねた私。
「行けばわかるって。そんな雰囲気やねんて。」と、自信満々のIちゃん。

で、行って見た感想は。。
場末感たっぷりの映画館でしたワ。本通りから少し入った所にあり、小さな窓口で切符を渡してくれる女性が一人。
その後ろに初老のオジサンが暇そうに二人でしゃべり、隣りのショーケースには定価の1.5倍程のポッキーやじゃがりこなどが。。
建物も相当古ければ、場内外もとてつもなく狭く、肝心のスクリーンに至っては。。。やっぱり小さい~
ここだけ時が止まったままかのように、昭和の空気がそこかしこに感じられる、懐かし~い雰囲気の映画館でした。

でも、昭和生まれの私はスクリーンが小さいことを除けば、場末感も案外心地よかったりで001.gif映画を堪能して来ました。


d0167621_095560.jpg


肝心の映画ですが、ゼロ戦の戦闘機パイロットの悲劇を描いた百田尚樹さんのベストセラー小説の映画化で、
500ページ超の原作を2時間半ほどに仕上げてあります。
綿密な取材に基づいた小説は説明のくだりも多いけれど、戦争物が苦手な人でもぐいぐいと読めてしまう面白さかと。
そんな大作のどこを削って、どこを残すか、でも原作を読んでいない人でも十分堪能できる映画でした。


映画の評価や感想は観る人によって様々だろうけれど、脇を固めたいぶし銀の演技が光るベテラン俳優人や
主役の岡田君の目力はイイネ。個人的には孫役の三浦春馬君はちょっとなぁ。。。誰か他にいなかったんだろうか。。なんてね042.gif


泣ける映画との評判ですが、涙した人も多かったようですが、映画では涙は流れませんでした。
原作を読んでいたこともあるんだろうけど、、、
10数年前に鹿児島の知覧特攻平和会館を訪れた時、出撃前の特攻隊員達の「遺書」や「写真」の実物を目の当たりにし、
その時は堪えきれずに涙腺が決壊してしまいました。検閲がある中で書いた遺書だろうに、、
その奥にはもっと違った思いがあっただろうに、と思うと胸が締めつけられました。。


ただ今、農閑期?なので、たまにはこんな内容でつらつらと。。。
写真も全く出てこない長文で失礼しました~040.gif
明日は温泉行きだし、さぁ、寝よっと。



いつも訪問ありがとうございます056.gif  
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
庭を作っていく過程で色々と参考になるブログが沢山ありますので、カテゴリを追加しました。
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2014-01-13 00:51 | その他