レモングラスの冬越し

ここのところ日替わりのお天気で、今日は晴れた一日でした。畑の土がもう少し乾いてくれないと、じゃがいも植え付けの準備ができないなぁ。。。と、少々あせってマス。


以前、我が家の畑ガーデンに植えているレモングラスの冬越しについての質問コメントをいただきましたので、今日はその様子をご紹介。現在も冬越し進行形なので結果は如何に??なのですが。。。


9月初旬頃のレモングラスの様子です。インド原産の多年草ハーブで、草丈1~1.5mになり、草姿は一見、ススキのような感じ。葉をちぎったりこすったりするとレモンのような香りがします。

d0167621_21135636.jpg


東南アジアでは、根を切り落とし20cmぐらいの長さにしたものを、料理の香味づけとして市場などで売っています。我が家ではもっぱらハーブティー用ですが、生葉をお風呂に入れたりしています。吊るしておくだけでも涼しげな雰囲気を味わえます。


10月下旬から11月初旬には葉をこの位置までカットし、乾燥させたあと保存瓶やジップロックに保存します。

d0167621_21164693.jpg

d0167621_21172761.jpgd0167621_21173891.jpg


で、この状態で全部掘り上げるのは大変だなぁ。。と思い、一部を掘り上げポットに移し、残りは地植えのままで冬越しに挑戦しました。非耐寒性の植物なので雪が積もり、北風がびゅんびゅんあたり、真冬はマイナス5℃くらいまで下がる場所での冬越しは無謀とも言えるんですけど。。。
できればレモングラスの方に、この環境に順応してほしいわ。。。なんて、ゴーマンさでもって冬の寒さに耐えてもらうことにしました042.gif

d0167621_21402718.jpg


地植えのまま残した株元には腐葉土をたっぷりとかけ、その上からただで入手できるもみ殻をこれまたドカンとかけました。

d0167621_21423526.jpg


そして、その上にトンネル用の針金を渡し、畑で使用済みの比較的きれいな寒冷紗でグルグル巻きに。
2重、3重ぐらいにくるんでおきました。

d0167621_2145765.jpgd0167621_21453666.jpg


それでも、まだまだ油断大敵!なにしろインドから真冬の京都北部なのですから、もう少し保護が必要です。
納屋にあったいただきもののワラの束を引っ張り出して、上にかけて完了です。

d0167621_21474293.jpg


今年の正月のドカ雪の時は、近くまで到達できなくて写真はなし。その後、たびたび降った雪の時の様子です。この積もり方を見るにつけ、ダメかもなぁ~不安がよぎりマス008.gif

d0167621_2149131.jpgd0167621_2149314.jpg


2月下旬頃ですが、ワラも何とか被ったままで、中の様子は知る由もなし。
果たしてレモングラスは無事に冬を越せたんだろうか。。。 遅霜の心配があるので、この覆いはまだまだ取れないんですよねぇ。。。

d0167621_21522598.jpg


また暖かくなったら、経過をアップしたいと思いマス




当ブログに訪問有難うございます!気まぐれな更新ですが。。。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by 28ziu1161 at 2015-03-03 19:18
pastelさん、詳しくありがとうです<(_ _)>
このあと、わらの下のレモングラス君がどうなっているか…が楽しみです。きっと、pastelさんのお布団を何重にもしてくれたお礼に、新芽を出してくれると信じていますが。
ワタシも今年は庭に植えるつもりなので、とっても気になります。前にマンション住まいだったときは、鉢で冬越しを数年したのち、枯らしてしまったんです。
今度こそ!!と思ってますが。
また、教えてくださいね。
Commented by pasteldenata at 2015-03-03 22:15
ziu様へ
こんばんは~ ziuさんもレモングラスの庭植え挑戦ですか!
大株になると掘り上げるのが大変で、ついつい鉢上げがめんどうになります。この冬初挑戦なのでホントに結果は如何に?で、楽しみでもあり、不安でもあります^^; でも、バックアップ用に鉢上げしたのが大丈夫そうなので、とりあえずはなんとか確保できるかと。。
冬の寒さに弱いハーブや植物は管理が難しいですよねぇ。。
また経過報告しますネ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pasteldenata | 2015-03-02 21:59 | 畑ガーデン | Comments(2)