10月の荒れた庭の風景

10月も明日で終わり。

いよいよ冬支度が待ったなしの時期に来ているけれど、
今日はさわやかな晴天で、仕事が休みの晴れの日ほど貴重なものはなく、
こんな日はやっぱり外で土にまみれることにしました。
d0167621_2148275.jpg



先月から取り掛かっている畑ガーデンの拡張工事。下の畑から土を運び、ようやくならし終えて、さっそくポット苗を仮置き。
d0167621_21495498.jpg


土手側には先日おぎわら植物園に注文して届いた「キャットミント・ウォーカーズロウ」の苗を4つ置いてみた。
普通のキャットミントは挿し芽で増やして沢山あり、切り戻せば何度も咲いてくれるけど、姿が乱れてくるのが難点。
購入したのは改良種で花茎が立ち、姿がまとまるらしいので、丸太の土留めに沿ってシャキッと咲いてくれることを期待して。。。

いつものように、購入した株はすぐにチョキチョキ、挿し芽、挿し芽。増やせ、増やせ。出番はいっぱいある。。
d0167621_220923.jpgd0167621_2202033.jpg


出番待ちの挿し木や種蒔きで増やしたポット苗は沢山あるけれど、何をどこに配置したらいいのか、悩みに悩みます。
この春から本格的に庭を作り始めた庭初心者ゆえ、株間が狭すぎたり、地下茎で増えるもの同士を並べてしまったりと、失敗も多々あり。宿根草は「うぁ、綺麗だなぁ」と思う瞬間がその花のベストで、その翌年からは爆発的に増えたりとか。。そんな記述を読んだことがあります。翌年どころか、ヤロウやラムズイヤーなんてこの春植えたのにものすっごくワサワサ・モサモサ凄いことに042.gif
この新しいスペースには、主に鑑賞用の宿根ハーブ類を植え付ける予定です。
d0167621_22173889.jpg



木々も少しずつ色づき始め、雑草も勢いが衰え枯れつつ、そのまま放置している荒れた10月の庭の風景です。

土手ボーダー花壇のラベンダー。1株だけ瀕死の状態ですが、よくぞ今年の猛暑を乗り切ってくれました。ボサボサですが。。
d0167621_22283424.jpg

d0167621_22285350.jpgd0167621_2229678.jpg


ボーダー花壇の先端部、雑草無法地帯と化していますが、秋の花がここだけ元気に咲いてマス。
d0167621_22321031.jpgd0167621_22322728.jpg

納屋の前では、バラの剪定を怠り、枝は暴れ、花はちょっとだけ。ウツギも同じく暴れ放題。剪定、剪定、と呪文を唱えてみる。。
d0167621_22394872.jpgd0167621_2240818.jpg


和庭の株分けアシュガの回りでは、やっぱり出てきたか、蕗・ふき・フキ。ここはもともと蕗のエリアでしたわ。。
d0167621_22424387.jpg



極めつけは、ここんとこ全く登場しなかった忘れ去られた離れの横の元ガーデンもどき。
実は、ここに久々足を踏み入れたのは、画像左側にある月桂樹の木を畑ガーデンへ移植しようと思い立ち。
d0167621_2246651.jpg


昨年の春は結構美しかったんですが。。。草引きを放置していたらシャスターデージーだけが生き残りました。
とても同じ場所とは思えませんが、N氏によって完璧に草が除去された時のかつての様子です↓
d0167621_2247296.jpg



納屋の屋根の下では朝顔が可愛い種をつけ、からまるツタもまた色づいて、それはそれで美しい秋の光景。
d0167621_22573861.jpg


d0167621_22575776.jpg




いつも訪問ありがとうございます056.gif  
庭を作っていく過程で色々と参考になるブログが沢山ありますので、
カテゴリを追加しました。
最後まで読んでいただいた方おまけにクリックを056.gif
040.gif040.gif040.gif

 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2013-10-30 23:10 | | Comments(0)