草原から畑へと。。 その2

前々回の畑記事、その2です。

長年耕作されていなかった全ての畑の草を約2カ月かかってようやく刈り終え、
あぁ。。とりあえずこれで集落の景観を損なわずに済んだかなぁ、
と安心したのも束の間、草原から畑への道のりはまだまだ遠く。。

次に何をするべきか、、、
長年ほっておかれたこの畑の土は何しろガチガチに固く、
少し掘れば石コロがゴロゴロ、その上この畑を縄張り?にしてきたイタドリやヨモギや
スギナやススキの根っこがそこかしこにはびこっていて、
とても鍬やミニ耕運機なぞのお上品な代物では太刀打ちできそうにありません。
しかも、きっと、おそらく、間違いなく土は痩せていて栄養不足? 耕す私は栄養過多008.gif

そこで、堆肥だ!堆肥だぁ! ということで、近隣の牛舎等をまわって堆肥探しに奔走。
偶然見つけた隣町のEファームさんに牛糞堆肥の搬入をお願いしたところ、
近隣の人たちもそこのお客さんらしく評判もすこぶる良いので即決定となりました。

11月初旬、ダンプカーで畑に運び込まれた堆肥の山(後ろは母屋北側と蔵)
↓ ↓
d0167621_21153271.jpg

d0167621_2116450.jpg















夫が適当に堆肥を広げた状態、、、こんなんでよいのだろうかと不安な妻、、、
この畑は長年、鹿のたまり場と化し、そこかしこに鹿のフンがまるで奈良公園状態。。。
↓ ↓
d0167621_2119625.jpg

d0167621_21192910.jpg















搬入をお願いした時に、トラクターの調達を思案していた私達の事情を察して下さり、
「下手ですけど僕で良ければうちのトラクターでやりますよ」と、素敵な申し出が♪♪
 「お、お願いしますーーーーっ!!」  と、間髪入れず、
彼の気が変わらないうちに即頼みました。
このEファームさんと我が家の距離は約500m程。 今後の力強い味方にしなくては。051.gif

やがて11月中旬頃、待ちかねていた赤いトラクターが颯爽と登場!
↓ ↓
d0167621_2125248.jpg

d0167621_21254645.jpg

d0167621_2126742.jpg















耕す!耕す!どんどん耕す!トラクターって凄いっ!
↓ ↓
d0167621_21281753.jpg

d0167621_2132299.jpg

d0167621_21322452.jpg


終了ーーーっ! EファームのUさんお疲れさまです!
↓ ↓
d0167621_21402664.jpg

d0167621_21415026.jpg
d0167621_21444937.jpg
















ホントに機械を使えば早いですねぇ。。。
Uさん変形斜面の回転も難なくこなしてくれました。
端っこ回りに余裕をもたせているのは、今後獣害対策用の柵設置のためと、
一部地面下に水道パイプが埋まっているからです。

トラクターでザッと耕してもらった後、もう少し細かく耕し作物を植えるべく
いよいよ畝作りへと進展するのですが。。。。

はて、耕運機は???
次回完結編の「その3」へ続きます。。。


最後まで読んでいただいて有難うございます
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by pasteldenata | 2011-12-26 22:11 | | Comments(0)