まずは屋根裏の掃除から

京都北部の里山に囲まれた畑付きの古民家に夫婦二人で移住しました。

まだ年金を貰える年齢ではないので、移住後の右も左もよく分からない状況の中、当地で仕事を見つけ働きながら、家の片付けや長年放置されていた畑・庭に少しづつ手を加え、手探り状態での田舎暮らしスタートとなりました。

老後の移住を、またあえて田舎暮らしを選ぼうとする方々は、それはそれは慎重に準備期間を置いてリサーチを重ねじっくり研究・勉強をした上で引っ越しをされるのが大半かと思いますが、私達夫婦はご縁があって予定より早く、急な展開で移住となったので、特に畑で作物を作ることや家の補修に関してはホントに情けないほど不勉強で準備不足です。
なのでこのブログを読まれた方は「あっ、この程度でも何とか暮らせるんだ」と、安心していただけるのではと思っています。

でも、、、まっ、、、なんとかなるやろ003.gifと、いつものお気楽さでもってはや2カ月半。。。
とりあえずは妻のたっての望みである屋根裏部屋の片付けを引っ越し後早々に夫に頼んだのでありました。
いくら座敷を掃除しても屋根裏からの埃やゴミが天井板の隙間からパラパラ落ちてくるのはやはりストレス加速!腰痛も悪化!
ここは長年の積もりに積もった埃とゴミを一掃してからスタートと行きましょ!と。

この梁の埃やあたり一面のゴミが下へと。。。 (画像をクリックするとより鮮明な埃が008.gif
↓  ↓   
d0167621_2125551.jpg

d0167621_2130386.jpg










長年梁に積もった分厚い埃。
古い建具は30枚以上放置されていました。
ケーブルのかたまりグルグル。。。
↓  ↓
d0167621_2135795.jpg

d0167621_21355428.jpg














下の写真は玄関土間の上の天井が開けられるようになっていて、前持ち主さんが重量物を屋根裏から上げ下ろしするために滑車・ロープをつけていたようです。
土間にビニールシートを敷いて戦前の本を含め多数の書物を上から豪快にバッサバッサと投げ落とす夫。
↓  ↓
d0167621_2140888.jpg

d0167621_21405855.jpg
d0167621_21422314.jpg


























降ろした古建具は納屋2号(ちなみに納屋は1~4号まで名付けております)に収納し、しばらく放置014.gif
ほぼ屋根裏の粗大ゴミを降ろした後、引っ越し後に近くのホームセンターで購入していた集塵機をガンガンかけまくり、最後に箒とちりとりで入念に仕上げをして何とかスッキリとなりました。
この日は防塵マスク着用で物々しい装いの為、途中の写真を撮り忘れ、掃除以降妻は一度たりとも屋根裏にあがっていない為、スッキリ綺麗な屋根裏の姿をアップできないのが少し残念ですが。。。

ちなみに埃・ゴミは下に落ちなくなったのか? というと、、、
すきま風とと共に相変わらずそこかしこに、、、 多少は改善されたよね!と、二人で慰め合う毎日、、
というか、埃では死なないと開き直った夫と妻でありました021.gif


不定期更新ですが時々のぞいて見て下さい~056.gif
040.gif040.gif040.gif
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by pasteldenata | 2011-12-15 07:42 | 古民家